トップ
Tokyo2020Countdown

もっと情報一覧

理想的な経営をするために

どんな経営をするにしても、戦略が必要になります。ただし、求めるものは利益です。利益を求めようとするならば、お客様のニーズを知る必要があります。しばしば、売りたいものをなんとかして売ろうとして、価格を下げるという手法が使われます。もちろん、商品によっては価格を下げるだけで、利益につながるものもあります。やってはいけないことは、なんでもかんでも値下げすることです。利益があって、やるのであれば問題ありませんが、赤字であるのに無理にしてやってもたいした効果はでないものです。なかなか利益につながらない時は、一度冷静になり、商品の選択からやり直してみるべきです。そうすれば、何が必要で何を値下げすればいいか、経営の手法が見えてきます。

勝ち残って行くための戦略

会社を経営していく為には戦略が必要です。まずは、目標設定が必須です。この目標設定は途方もなく高い目標でも、簡単にクリア―出来るような簡単な目標でもいけません。頑張って頑張って、なんとか辿り着けるくらいの目標設定が必要です。次に決まった目標をいつまでにやるのかを決めます。中期計画、長期計画と2つ決めましょう。中期はむこう3年間、長期は10年間の目標を決めます。経営戦略としては、例えば中期の3年間を細分化し1年目はここまで、2年目はここまでというように分けて考えると良いでしょう。それを1年間12ヶ月で割、毎月の計画とします。月の中でも週単位で進捗を確認し修正。これを繰り返して目標をクリア―していきます。